バイオマス液化燃料(バイオ軽油)装置(固体⇒液体・燃料変換法)
AlphaKATKDV装置

藻ジェット燃料


   バイオマスの熱分解でバイオマスから液体燃料を得るうことも出来ますが、 バイオマス液化法では、通常得られた油は酸・水を含む低品質・不安定油で、 軽油・重油等に一部少量ブレンドしてボイラー補助燃料としての利用法程度です。
これに対して、石油精製設備の接触分解装置(FCC)で使う触媒(ゼオライト系)等を加えて熱触媒反応を行うことで、 より品質の良い液体燃料を直接1−ステップで得ようとするプロセス方式があります。
それでもディーゼル・エンジン燃料として使う場合、更に通常は水素化反応+異性化反応+蒸留操作の2〜3工程(ステップ)の諸工程・装置が必要となります。 添付写真(KDV)はバイオマス原料,廃プラ類,廃棄物を含め、1-ステップ液化合成軽油製造装置です。 類似技術は他にあります(SWE,W2E,IH2,他)。 このプロセス方式ならあらゆる固体原料から直接軽油等の燃料油を製造でき、そしてディーゼルエンジン発電機で発電ができます。 バイオマス・ガス化発電と同じ売電(FIT)ビジネスが可能となります。

発電目的以外で、BDFの様なエステル構造ではない石油系燃料と同じ炭化水素分子構造の本格的な液体バイオ燃料ビジネス(Drop-in BioFuels)展開では、 一般的な陸上車両用等のバイオ・ガソリン、バイオ軽油、航空燃料のバイオ・ジェット燃料等の燃料製造となります。 当然、厳密な品質・(製法)規格準拠の燃料製品の製造が必要です。 この分野、残念ながら日本は未だですが、既にフィンランドNeste Oil(植・動物油原料、REGも同様)、 米国REG(旧Syntroleum)、他から合成バイオ燃料製品が市場に出回っています。 原料は液体廃棄物油・バイオ油(パーム油、(合成ジェット燃料,左写真とUOPジェット燃料プロセス)、他)、固体廃棄物・バイオマス原料等です。 プロセスもバイオ油の場合は、水素化、更に異性化等の組み合わせが通常の手法となります。一方、固体バイオマス原料は、前述の様な直接熱分解・液化法の他、ガス化・FT液化法が通常の手法です。 商業化の前提は、高効率プロセス選択、大規模化、高額投資、及び石油精製との統合(或いは,協力)が不可欠です。 こちらも興味があれば、是非お問い合わせ下さい。

添付左下段は毎時150Lの合成軽油が得られるKDVの最小プラントのYouTube動画です。
バイオマス高熱量・燃料関連情報(合成軽油)は下記添付資料を参照下さい。
1)『チップ類・廃棄物利用のバイオマス合成軽油製造技術』(PDF)はこちらからダウンロードできます
2)『チップ類・廃棄物利用のバイオマス合成軽油製造技術と売電ビジネス』(PDF)はこちらからダウンロードできます
3)『次世代バイオマス合成軽油技術製品の紹介』Blog記事はこちらです

  

他のバイオマス,バイオ燃料製造,原料関連情報は、下記をクリック下さい

Copyright © 2021 BioFuels,LLC All rights reserved.
by BioFuels,LLC