バイオマス原料
   ガス化発電、或いはボイラー用等のバイオマス原料の種類は多々あります。 その電力価格(間伐材:40円/KWh、一般材:24円/KWh)から、特に売電(FIT)ビジネスでは、木質系チップ、或いはペレット等が代表的な原料です。
但し、国産にしても、輸入にしても、多くは第3者を介しての購入となり、バイオマス発電ビジネスの最大の量的、価格面の不安定要因です。

国内に多々ある耕作放棄地を利用し、自前の原料確保も重要です。その例にとして、お薦めは代表的なエネルギー作物, 試験栽培も国内でし、組織培養(Tissue Culture)苗の輸入ルートも確立しているジャイアント・ミスカンサス(左記写真)です。

一旦、植栽すれば、20年間程度は無肥料で毎年冬季に収穫できます。120〜130ヘクタール程度で、ガス化発電なら1MW程度の発電ビジネスがFIT契約期間の20年間は継続できます。 国内何処でも栽培可能だと思われます。



エネルギー作物には、他にも 柳(shrub-Willow)ドライ・ソルガムエリアンサス、 ポプラ、ユーカリの他 『超高収量の竹』,ジャイアント・キング・グラス等の新顔もありますが、国内栽培にはいろいろ長短があります。

海外でプランテーションを計画し、輸入するビジネス展開なら、或いは沖縄諸島でも栽培可能な、この(超)高収量竹栽培もお薦め,面白いと思います。日本の竹とは収量(蜜集群生株)も、物性(肉厚な超高収量竹と日本の竹比較写真参照)も異なります。

単位面積当たりのエネルギ-量なら、バイオ油の10倍は採れます。例えば、(超)高温熱分解ガス化発電等の原料として最適です。 この超高収量竹のクローン苗(右側下段写真)、及びジャイアント・ミスカンサスのクローン苗の輸入も可能です。興味があれば、是非お問い合わせ下さい。

バイオマス原料の情報を下記に添付します。
1)『ジャイアント・ミスカンサスの成長の記録(1)〜(4)』の最近のBlog記事;4年目の成長記録(4)はこちらです
2)『継続ジャイアント・ミスカンサスの成長の記録(6)』の最近のBlog記事;6年目の成長記録はこちらです
3)『多収量エネルギー作物の紹介』Blog記事はこちらです
4)『ジャイアント・ミスカンサスの組織培養幼苗の輸入紹介』Blog記事はこちらです

  

他のバイオマス,バイオ燃料製造,原料関連情報は、下記をクリック下さい

Copyright © 2021 BioFuels,LLC All rights reserved.
by BioFuels,LLC