合同会社 バイオ燃料 ( BioFuels,LLC )


食品残渣、家畜・家禽類の糞尿、等の比較的水分を多く含んだバイオマス残渣原料類の有効処理法として、メタン発酵装置等を介しエコな再生可能エネルギー社会の実現を目指します- 合同会社バイオ燃料(BioFuels,LLC)




メタン発酵発電装置:各種バイオマス・メタン発酵発電装置の情報を掲載します。 バイオマスガス化とは異なる方式のガス燃料タイプのメタンガス発酵装置、特に小型のコンテナ仕様,或いはドラム式の最新ドライ・タイプの装置もご提供可能です。 更には、ガス化装置と同様に、最新の高効率の多段メタン発酵法もあります。

お問い合わせ
トップページ サービス内容 ガス化発電 バイオ油発電 メタン発酵発電 バイオ燃料製造 非バイオ燃料製造 バイオマス原料

 

  メタン発酵発電装置

   お薦めのメタン・ガス発酵発電装置の情報を掲載します。
バイオマスガス化の合成ガスとは異なるガス燃料ですが、メタンガス発酵装置、特に小型のコンテナ仕様の装置、及び中型のドラム式の最新ドライ・タイプの装置もご提供可能です。 更には、ガス化装置と同様に、最新の高効率の多段メタン発酵法もあります。


(1)乾式小型メタン発酵(発電)装置(水分過剰なバイオマス原料の場合)
  全てのバイオマス原料は脱水し、乾燥機で乾燥すれば、全てガス化(発電)処理可能ですが、 殆どが水分(70〜80%以上)の様なバイオマス廃棄物では、 原料がそのまま処理できるメタン発酵法がお薦めです。
通常、比較的固形物の多い場合は乾式(Dry-Type)を、 固形物が少ない場合は湿式(Wet-Type)が採用されます。
この固形物の多い場合の乾式装置も、技術は日々進歩しています。
水分が多い食品残渣、家畜・家禽類の糞尿等のバイオマス廃棄物原料(液状を含む)のバイオガス発電用途では、 小型コンテナ―搭載の メタン発酵発電装置、等を扱っています。

添付右側上段は、原料をコンテナー内でメタン反応をさせるだけですが、 後段は最新のドラム式メタン発生装置(250kW)の1例です。 こちらはドラムが低速で回転する方式で、通常の方式に比べ10〜15%程度メタンガス発生率が高く、必要動力も3分の2、 そして使用済の固体残差は乾燥堆肥として、廃液も極めて少量の高濃度液肥が得られると言う優れものです。
原料は固形分が30〜40%程度が最適で、主に食品残差、家禽・家畜の糞等が通常そのまま使えます。
コンテナ仕様乾式メタンガス化装置

最新型乾式メタンガス化装置

下記動画は1例です。
乾式は海外製品が性能的にも優れている様です。 原料の多くは家畜類の糞尿(牛馬、豚、鶏)・敷藁類、食品残差類が多く使われます。廃棄物を使っても、売電価格(FIT)は39円/KWhと高価買取です。 取扱製品は、まだ国内導入例の少ない小型・コンテナ仕様となっています。 発電能力で云えば100〜250KW程度以内となっています。より詳細情報情報は下記を参照下さい。 具体的なメタン発酵装置の製品情報はお問い合わせ下さい。下記動画は1例です。

『海外で流行の小型コンテナ型メタン発酵の紹介』Blog記事はこちらです


(2)湿式メタン発酵(発電)装置(2段法)
固体酵素触媒反応装置

固体酵素触媒反応装置フロー図
  メタン発酵法は、バイオマス原料からメタンガスへのガス転換効率が、ガス化に比べ低いのが課題です。 メタン発酵法で、最高メタン発酵効率と高熱量ガスが同時に得られる最新技術の中大型湿式多段法、実際は2段メタン発酵法(Two-Stage Anaerobic Digester)です。 添付の1段法と2段法の比較図から判る様に、1段法はどうしても副生CO2ガスが混入したメタンガスですが、2段法では、先ず1段反応器で不燃CO2ガスが除去され、この結果、メタンガス中にCO2を殆ど含まない為、より高エネルギーのメタンガス燃料が得られます。
メタン発酵ガスの主な用途は、ガスエンジン発電用の燃料です。バイオマス等のガス化合成ガスに比べ、発熱量は2〜3倍高く、通常は天然ガスの3分の1程度もあります。 従って、合成ガス用中速型ガス・エンジンに加えて、他にも多くバイオガス用エンジン発電機(中高速型)として発売されています。

メタン発酵発電による売電ビジネス(FIT:電力固定価格買取制度)は、売電価格も高い(39円/kWh)反面、設備費も極めて高価と言うのが常識です。 従って高効率(最低燃費)、高信頼性、そして低価格(高投資効率)等の実現が売電ビジネス上の最重要項目です。この様な製品のご提供を常に努めています。


以上、良くある質問(メタン発酵発電)はこちらです
お問い合わせ
トップページ サービス内容 ガス化発電 バイオ油発電 メタン発酵発電 バイオ燃料製造 非バイオ燃料製造 バイオマス原料

Copyright © 2010 BioFuels,LLC All rights reserved.
by BioFuels,LLC